« 3月の花と緑のまちづくり活動の様子 | トップページ | 4月の「クリーン活動(近畿地方整備局職員ボランティア)」について »

2010年3月31日 (水)

2010年3月の活動状況

・自主防災活動モデルづくりの一環として3月1日(月)午後6:00より、北大江連合振興町会と中央区役所との共催で、地域の収容避難所で防災倉庫がある中央高校の見学ワークショップを行ないました。参加者は10数名でした。
・まず会議室で、大阪市の危機管理室の方から、震災に関する説明等を聞いてから施設見学をしました。
・南側のグランドの2階建ての建物の1階にバールやスコップなどを備えた倉庫があり、校舎本館の8階に毛布など収容避難所用の倉庫がありました。地階から8階まで収容場所などになるいろいろな部屋を見学しました。中央高校の収容能力は約1,800人だそうです。
・北大江地区では中央高校だけでなく、大手前高校も収容避難所になっています。

・3月10日の「ゆめまちロード」活動では、天満橋駅周辺を中心とする道路の不正使用防止及び放置自転車防止の啓発・指導や道路清掃及び天満橋駅前での啓発活動に加えて、中央工営所による路上の放置自転車撤去と東部方面公園事務所による北大江公園の放置自転車等の撤去が行なわれました。

・3月12日に「関西元気宣言」発信運動本部(事務局:近畿地方整備局、(社)関西経済連合会)主催の「第5回関西元気な地域づくり発表会」がドーンセンターで開催され、実行委員会も参加し発表を行いました。発表会の概略は3月28日の読売新聞に掲載されましたが、発表内容等については近畿地方整備局企画部のホームページ(http://www.kkr.mlit.go.jp/plan/kansaigenki/100312_tiiki/index.html)に掲載される予定です。

|

« 3月の花と緑のまちづくり活動の様子 | トップページ | 4月の「クリーン活動(近畿地方整備局職員ボランティア)」について »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2010年3月の活動状況:

« 3月の花と緑のまちづくり活動の様子 | トップページ | 4月の「クリーン活動(近畿地方整備局職員ボランティア)」について »