« 12月の「クリーン活動(近畿地方整備局職員ボランティア)」の様子 | トップページ | 12月の「かたづけ・たい」活動の様子 »

2010年12月 6日 (月)

「北大江防災力向上フォーラム」の報告

 (社)近畿建設協会の支援による「大阪都心の自主防災力向上トレーニング」の一環として、12月6日(月)に北大江防災力向上フォーラムを開催しました。

Imgp3541 日時:平成22年12月6日(月)18:00~20:00
場所:大阪市立中央高等学校会議室(北大江地区内の収容避難所)
目的:これまでの自主防災にかかわる実行委員会の活動を説明するととも に、専門家の方から先進的な事例を紹介いただき、Imgp3543今後の取り組みなどについて内外の情報交換を行なう

内容:1.事例紹介(約60分)
 コーディネーター:相川康子(特定非営利活動法人NPO政策研究所専務理事)
 ・事例紹介1:斎藤道雄(北大江地区まちづくり実行委員会、㈱地域・交通計画研究所)
  テーマ…北大江地区まちづくり実行委員会の取り組みについて
   →昼夜間人口比の高い都心の駅周辺では夕刻の災害対策が課題、特に中小企業が課題
   →地区特性に応じたチラシ作成を提案
 ・事例紹介2:水野智雄(大阪市危機管理室危機管理担当課長代理)
  テーマ…類似地区に関する大阪市の取り組みについて)
   →大災害発生直後には行政に期待しない取組みが必要
 ・事例紹介3:紅谷昇平(人と防災未来センター研究部研究主幹)
  テーマ…参考となる地区の取り組みや地域と企業の連携について
   →備えについての確認の繰り返しが重要
(この間、フロアに質問・意見等の記入をおねがい)
 事例紹介者の補足説明等

10120620 内容:2.情報交換(約40分)
 コーディネーター:相川康子(特定非営利活動法人NPO政策研究所専務理事)
  参加者: 38名(地域関係15、連携団体関係10、行政関係10等)
 ・フロアからの質問・検討の整理
 10120624・事例紹介者による意見交換
 ・フロアを交えての情報交換
 ・まとめ
   →企業等と地域の活動団体との日ごろからの関係づくりがとても大切
 ・フォーラムの成果の活用について
   →企業・従業者等にも連携を求めるチラシに反映し、あったかまち祭り等で配布

101206forum

|

« 12月の「クリーン活動(近畿地方整備局職員ボランティア)」の様子 | トップページ | 12月の「かたづけ・たい」活動の様子 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「北大江防災力向上フォーラム」の報告:

« 12月の「クリーン活動(近畿地方整備局職員ボランティア)」の様子 | トップページ | 12月の「かたづけ・たい」活動の様子 »