« 収容避難所(大手前高校)ワークショップの様子 | トップページ | 9月の「クリーン活動(近畿地方整備局職員ボランティア)」の様子 »

2012年8月31日 (金)

2012年8月の活動状況

・8月17日の花と緑のまちづくり活動では、8名のメンバーが東部方面公園事務所から草刈機の安全講習を受けました。

・(社)近畿建設協会の支援で行なう「大阪都心の自主防災力向上トレーニング続々編」の一環として北大江の収容避難所見学ワークショップを中央区役所や中央消防署等の協力で実施しました。
・8月17日の中央高校のワークショップでは、防災無線の体験と、防災資機材や備蓄物資の確認をした後、避難所設営にまつわるクロスロードゲームをしました。学校の事務室が施錠されている時でも無線が使えるよう、防災無線機が備蓄物資庫の入口脇に移されました。無線機はグラウンドに出ないと通話できません。また去年はなかった非常食が約300食備蓄されていました。
・8月24日の大手前高校のワークショップでは、まず、可搬式ポンプを庫外におき、吸水ホースつなぎとルートの確認、エンジンの起動や放水ノズルの体験をしました。その後、防災資機材や備蓄物資等の点検をし、資機材ロッカーと備蓄物資庫を集約できるか寸法を測ってみました。

・ワークショップなどの経験を踏まえ、次の取組みを検討する自主防災活動企画ミーティングを、9月11日(火)午後6時から安井建築設計事務所で開催します。いつどんなことが起こっても、住む人、働く人が力を合わせて生き延びる備えをしておくための活動にぜひご参加ください。

・人にやさしいまちづくり検討会を8月28日に開催し、「ゆめまちロード」活動の内容や、人にやさしい道路環境整備の進め方などについて話合いました。

|

« 収容避難所(大手前高校)ワークショップの様子 | トップページ | 9月の「クリーン活動(近畿地方整備局職員ボランティア)」の様子 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2012年8月の活動状況:

« 収容避難所(大手前高校)ワークショップの様子 | トップページ | 9月の「クリーン活動(近畿地方整備局職員ボランティア)」の様子 »