« 8月の「花と緑のまちづくり活動」の様子 | トップページ | 収容避難所(大手前高校)ワークショップの様子 »

2012年8月17日 (金)

収容避難所(中央高校)ワークショップの様子

12081718  (社)近畿建設協会の支援で行なう「大阪都心の自主防災力向上トレーニング続々編」の一環として、地区の収容避難所に指定されている中央高校でのワークショップを8月17日(金)午後18:00~20:00に、中央区役所、中央消防署、中央高校の協力で開催しました。
120817101  最初に、会議室で中央区役所の方から収容避難所と保管物資等について説明を受けた後、防災無線の体験や保管庫の点検を行ない、後半は全員でクロスロードゲームをしました。参加者は25名でした。

120817102  昨年、南側グラウンド横に備蓄物資と防災用資器材とが集約された防災用倉庫の入口を入ってすぐ左の、防災用資器材ロッカーの脇に、防災用無線機が移動され、置かれていました。地域の責任者が預かっている鍵では入れない事務所から、入れる防災用倉庫に移したそうです。12081746_2また、昨年はなかった備蓄食料が、約300食備蓄されていました。

 クロスロードゲームでは、避難所の設営にまつわるテーマを中心に、判断の分かれ道のイメージトレーニングをしました。

|

« 8月の「花と緑のまちづくり活動」の様子 | トップページ | 収容避難所(大手前高校)ワークショップの様子 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 収容避難所(中央高校)ワークショップの様子:

« 8月の「花と緑のまちづくり活動」の様子 | トップページ | 収容避難所(大手前高校)ワークショップの様子 »