« 7月の「花と緑のまちづくり活動」の様子 | トップページ | 2018年7月の活動状況 »

2018年7月26日 (木)

災害時避難所実習2018 at中央高校の様子

180726006  7月26日(木)18:00~20:00、北大江連合振興町会・北大江地域活動協議会との共催、中央区役所、中央消防署、東警察署、中央高校の協力で「災害時避難所実習」を実施しました。もしたった今大災害が起こったら、集まったメンバーで何ができるか、混乱を恐れずにやってみました。昨年に引き続き「HANDSちゅうおう」の協力で車いす利用者、大阪日本語教育センターの外国人留学生に参加いただきました。

180726007  集合は正面玄関前です。災害想定の説明の後、隊長・副隊長を選んで外観での安全点検をして、開設物資の搬送をしました。次に受付、物資部の選任をして、隊長・副隊長、受付、物資部の受付、ゼッケン着用をして受付と物資の管理を開始しました。

 隊長・副隊長は玄関ホールに本部を設営し、受付を終わったメンバーがそろってから、総務、管理、救護、食料の任務分担を行ないました。

180726027  本部は全体指揮、受付は避難者の受付・案内と集計、総務部は掲示板設置・運営、管理部は屋内避難場所の鍵開け、避難所開設物資の搬送・設置、照明、トイレ管理、救護部は中央消防署の指導により北大江公園で可搬式ポンプ起動や布担架を使ったけが人搬送、物資部は備蓄物資の管理、食料部は備蓄食料の確認・管理と設営・湯沸かしなどを体験しました。体験後、本部に集合し各任務のふり返りを行いました。

180726035  後半は、会議室で、活動全体のふり返りと、意見交換、今年も助言をいただいている兵庫県立大学の紅谷先生の講評、ご参加やご協力をいただいた中央区役所、中央消防署等に助言を頂きました。 参加者は約60名でした。

180726041 【バリアフリーの視点から】
・携帯スロープを使ってもトイレが車いす対応ではないのでトイレには設置せず
・避難場所が7階以上にあり要支援者には対応できないので2~3時間様子を見て対応できる場所に案内するということだが、要支援者には2~3時間が不安

【実習の方法について】
・受付済・受付控シールの表現に工夫が必要
・シールの内容と集計表の内容に齟齬がある。目的を明確に
・管理部はミッションごとの分担が必要

180726044

【紅谷先生の講評】
・回を重ねてスムースになったところもあるし課題が見えてきたところもある
・高層階の避難場所使用には様々な問題がある

180726058 【関係機関から】
・避難所の運営は避難者を早く自宅に返すことを主眼にするように。自宅に戻った避難者の情報把握が前提
・可搬式ポンプの体験は30分では難しいので別に訓練を受けてほしい

180726073  今年も一歩内容を充実することができました。同時に実態に近い混乱も見え、たった今災害が起こったとしてできることや、考えておくべき課題(たくさんありますが)の共有を進めることができました。

PDF(役割分担記録から)

180726training

|

« 7月の「花と緑のまちづくり活動」の様子 | トップページ | 2018年7月の活動状況 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 災害時避難所実習2018 at中央高校の様子:

« 7月の「花と緑のまちづくり活動」の様子 | トップページ | 2018年7月の活動状況 »