« 北大江地域防災力向上フォーラムの様子 | トップページ | 4月の「クリーン活動(近畿地方整備局職員ボランティア)」の様子 »

2019年3月31日 (日)

2019年3月の活動状況

・(一社)近畿建設協会の支援による「外国人にも安心!都心のまち歩きサイン提案」の一環、北大江地域活動協議会、北大江連合振興町会との共催で、3月20日午後6:00より北大江地域防災力向上フォーラム「マンション・地域~助け合いを学ぶ~Ⅴ」をエルおおさかで開催しました。

・前半は、兵庫県立大学の紅谷昇平先生から、昨年の災害状況やその対応における課題と、大災害時にマンション・ビルや災害時避難所で集まった被災者の情報収集・伝達やその判断における心得や備えなどについてお話をお聞きしました。
・後半は、某マンション2、某ビル1、大手前高校避難所、中央高校避難所のグループに分かれ、区役所や消防署、警察署の方に協力をいただきながら、災害時における情報の仕分けや対応判断、相互の情報伝達を仮想体験しました。大津波警報の発令の約1時間後を想定して体験しました。

・地区内のマンションからの約10名やビル関係の約5名の方に加え、大手前高校定時制から5名など、約40名の参加者があり、とても実践的なトレーニングができました。25名の方にアンケートの回答をいただきましたが、ほとんどの人が毎年の参加を希望しています。
・紅谷先生からは、長年の活動の積み重ねにより、避難者の滞留先を避難所の平面図に想定したり、避難者や避難所からの情報伝達に対する関係機関からの応答があったりするなど、より実践に近い臨場感のある実習になってきたと評価いただきました。

・統一地方選挙の年は、4月に「クリーンUPキャンペーン」を5月に「ゆめまちロード」活動をします。今回から午後2時集合になりますので注意して参加してください。

|

« 北大江地域防災力向上フォーラムの様子 | トップページ | 4月の「クリーン活動(近畿地方整備局職員ボランティア)」の様子 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 北大江地域防災力向上フォーラムの様子 | トップページ | 4月の「クリーン活動(近畿地方整備局職員ボランティア)」の様子 »