« 8月の花と緑のまちづくり活動について | トップページ | 9月のクリーン活動(近畿地方整備局職員ボランティア)について »

2019年8月31日 (土)

2019年8月の活動状況

・毎年の夏の災害時避難所実習は、直後のふり返りの内容を企画ミーティングなどで検討し、徐々に内容を充実させています。また、実習の成果を地区防災計画(案)に反映させていく方針です。

・7月30日(火)18:00~20:00に、(一社)近畿建設協会の支援、北大江連合振興町会、北大江地域活動協議会との共催、中央区役所、中央消防署、東警察署等の協力で実施した、災害時避難所実習at中央高校は、参加者が約20名で例年より少なく、予定していたぶっつけ本番の役割分担による体験を受付や消火班程度にとどめ、ほぼ全員で日赤指導員や中央区役所職員の指導による応急救護やけが人搬送、簡易トイレ、7、8階の避難場所への移動などの体験をしました。
・中央高校が停電で照明も水道水もなく、エレベーターが止まったとき、7、8階の避難場所を運営するための準備がもっと必要で、避難者自身で分担することが多いということが、実習を重ねるたびにわかってきました。いざという時に困らないよう、ふるって実習にご参加ください。

・災害時避難所実習にあわせ、2019年版の災害対応マップを作成し、参加者に配付するとともに、実習後各町会に配布しました。町会から受け取っていない方は、まだ残部がありますので、コメント欄から連絡ください。地域活動協議会のホームページ(https://kitaooekyougikai.jimdo.com/)からもダウンロードできます。

・災害時避難所実習の反省や、今後の地域防災力向上活動等について話合う企画ミーティングを9月9日に開催しますので、活動に協力いただける方はふるってご参加ください。

|

« 8月の花と緑のまちづくり活動について | トップページ | 9月のクリーン活動(近畿地方整備局職員ボランティア)について »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 8月の花と緑のまちづくり活動について | トップページ | 9月のクリーン活動(近畿地方整備局職員ボランティア)について »