« 地域防災力向上フォーラムの様子 | トップページ | 4月のクリーン活動(近畿地方整備局職員ボランティア)参加の様子 »

2024年3月31日 (日)

2024年3月の活動状況

・3月15日にエルおおさかで、北大江地域防災力向上フォーラム「能登半島地震から学ぶ 震災直後の初期対応/防災講座&ゲーム」を、中央区役所、中央消防署、東警察署の協力で開催しました。(北大江地域活動協議会、北大江連合振興町会との共催)
・前半の講座では、兵庫県立大学の紅谷昇平先生から「震災直後の初期対応のポイントと令和6年能登半島地震の教訓」というテーマで、発災直後から避難生活に至るまで関連死を招くことのない備えの必要性や方策など、自助・共助の力を高める活動のヒントをいただきました。
・後半のゲームでは、「某マンション」「某ビル」「中央高校避難場所」「大手前高校避難場所」「地域災害対応本部」の5つのグループに分かれて話し合いながら、初期対応で優先される任務のシールを建物の図面の該当場所に貼ったり、「安否確認」や「安全点検」などの役割分担ごとに出来事カードを引いて、対応を「自力で対処する」「他グループに連絡する」「対処しない」に仕分けし、相互に連絡したり、消防署や区役所など関係機関に協力要請し回答を確認したりしました。
・ゲームの後、関係機関から、災害時は消防活動が最優先になり救急や救助ができないので、初期消火や閉じ込め救助などに自力で対処できるよう備える必要があると指摘がありました。
・紅谷先生からは、このようなゲームが実際の対応での判断基準の共有や、自助・共助のための人間関係づくり、自らに必要な備えの気づきなどに効果的だというコメントをいただきました。
・参加者は30名、アンケート回答は21件で、ほとんどの方が続けて参加したいという回答でした。

・北大江公園ではヒマラヤスギに代わってジンダイアケボノなどが植えられています。

|

« 地域防災力向上フォーラムの様子 | トップページ | 4月のクリーン活動(近畿地方整備局職員ボランティア)参加の様子 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 地域防災力向上フォーラムの様子 | トップページ | 4月のクリーン活動(近畿地方整備局職員ボランティア)参加の様子 »